HOME > お店日記 > 意外に知らない?! メガネの取り扱い。

意外に知らない?! メガネの取り扱い。

こんにちは オバラメガネステイ店です!
ここ最近、夏らしい日が続いていますね。

今回は、大事なメガネを長持ちさせる方法についてお話します☆
普段何気なく使っているメガネ、初めて買った時お店で説明されたような気もするけれど、慣れてきて気付くと扱いも雑になってしまいがち…。

大切な体の一部、ちょっと扱い方を復習してみませんか(*^_^*)

stay20160713

~メガネを洗うときは~
ホコリが付いたまま拭くとキズの原因になります。
まず汚れをよく水道水で洗い流し、次にティッシュで水分を拭き取りましょう。
油汚れなどは専用のクリーナーを使いましょう、薄めた中性洗剤(台所用洗剤)でもOKです。

~メガネは両手で持ちましょう~
かけ外しは両手で。片手ですると変形や破損の原因になるので注意です!
どうしても片手で外さないといけない場合は、真ん中の”ブリッジ”の部分を持ちましょう。

~メガネのレンズは熱に弱い~
プラスチックレンズは60℃以上で表面のコート膜にヒビが入ることがあります。
特に車のダッシュボードの上、サウナなど高温になる場所は避けましょう。

~メガネを置くときは逆さまに~
フレームは開いた状態で、レンズの上部を下に(つまり逆さまに)置きましょう。

~整髪料を付けるときはメガネを外しましょう~
整髪料や化粧品の成分もメガネの素材に影響がある場合があります。
普段整髪料をお使いの方は、一日の終りにメガネを洗うことをおすすめしています。

もしメガネが壊れてしまったら、必ずそのままの状態でお店にお持ち下さい。
特に気を付けたいのが「接着剤は使わない」ということ。その後の修理ができなくなることもあるので注意が必要です。

明日7/14木曜から三日間、樽前神社祭りが始まります!
会場から程近いステイ店に、ぜひ調整やクリーニング、メガネを見にお立ち寄りください☆お待ちしております(^O^)/