HOME > 目の健康 > メガネ作りに大切なこと【その② 両眼視検査について】

メガネ作りに大切なこと【その② 両眼視検査について】

こんにちはステイ店、店長の北山です。

前回のお話の続きです。

基本的な視力検査が終わると、次は両眼のバランステストと眼のズレの検査を行います。両眼視検査といいます。(これが重要です)
さて、その検査とは……

(1)左右の眼のバランスを調べます

stay20160909_02
上下に同じ文字が書かれていますが、右目で上の文字、左目で下の文字を見ています。
文字の黒を比べてもらいます。上の文字と、下の文字の黒さが同じであればバランスがとれていますが、どちらかが濃く見えるとバランスをとるように度数で調整します。

(2)左右のバランス調整をしたら次は、「眼のズレ」の検査をします

stay20160909_01
写真のようにグリーンの二重丸の中に赤い十字線が入っていれば、ずれていない事になりますが、十字線が上下左右にずれているとそのズレを補正する「プリズム」の処方をする場合があります。

両眼視メガネは次のような症状・悩みを改善します!

  • 見えるけど疲れる
  • 夕方になると二重に見え疲れる
  • 頭痛肩こりがいつもある
  • メガネは見えるが、しっくりこない
  • スポーツ等で距離感がつかみにくく球技が苦手

こんなお悩み・症状がありましたら、ぜひご相談ください。