HOME > お知らせ > ●そもそも、「遠近両用レンズ」ってどんなもの?

●そもそも、「遠近両用レンズ」ってどんなもの?


本当に簡単に説明すると、
1枚のレンズで遠く・中間・手元までが見えるレンズです。
ひとつの焦点しか持たないレンズでは、
ピントのあう位置は1点になります。
例えば、
遠用のレンズは、遠くにピントが合います。
こちらは、近視や乱視の方が普段かけている眼鏡ですね。
近用のレンズは、近くにピントが合います。
こちらは、いわゆる「老眼鏡」ですね。
そしてその逆で、
遠用のレンズでは、近くがボヤけてしまいます。
近用のレンズでは、遠くがボヤけます。
年齢と共にピントを合わせる力(調節力)が低下しますと、
眼前で焦点のあわせられる距離には限りが出てきます。
レンズ設計を変えることにより、複数の焦点を持たせ、
遠方視と近方視の両方の明視を可能にするレンズが
「多焦点レンズ」と呼ばれ、一般的に「遠近両用レンズ」と言います。
さらにこの多焦点レンズには、
「二重焦点レンズ(バイフォーカルレンズ)」、
「三重焦点レンズ(トライフォーカルレンズ)」、
「累進多焦点レンズ(プログレッシブレンズ」
の3種類があります(下図)。
そして、この「累進多焦点レンズ(プログレッシブレンズ」 が、
「境目のない遠近両用レンズ」と呼ばれるものなのです。
●図で見てみましょう
ennkinn.gif
単焦点レンズ
焦点が一箇所にしかありません。
二重焦点レンズ
焦点が2つあり、普通は遠方視、近方視にあわせます。
中間距離(40cm~1m程度)にはピントが合いません。
三重焦点レンズ
二重焦点レンズに、更に中間距離を見る部分をつけたものです。
累進多焦点レンズ
度数が徐々に(累進的に)変化していくもので、
遠方から近方まで連続してピントがあいます。
このように、「遠近両用レンズ」といっても
沢山の種類があり、お客様の用途に合わせてお選び頂けます。
最近では、ほとんどのお客様が境目のない
「累進多焦点レンズ(プログレッシブレンズ」 を使用しています。
では、本日はここまでです。
次回は「累進多焦点レンズ」のバリエーションについてです。