HOME > 似合うメガネ選び > 顔の形・お悩み別で解決!似合うメガネの選び方。

顔の形・お悩み別で解決!似合うメガネの選び方。

10歳若く見えるメガネ・似合うメガネの選び方

いつも掛けているメガネ、あなたはどのように選んでいますか?

なんとなく落ち着くデザイン、掛けなれたデザインで選んでいる方も多いと思います。
でも、実はメガネの選び方にはお顔に合わせたポイントがあるんです!

 

今回は「似合うメガネ」と「若く見える」メガネ選びのポイントについてお伝えいたします。きっと新しいご自分の発見になりますよ!

 

メガネは洋服と同じようにサイズ合わせが肝心です!

似合うメガネをかけることにより、より良いイメージを作ることができます。
顔型や、目鼻立ちに合わせた『似合うメガネ選び』の基本的なポイントを集めました。

 

POINT1. 顔の分析方法

fashion_20150918_01

顔を正面でとらえ、眉からアゴの長さを『タテの長さ』
ヨコ幅の一番広いところを『ヨコ幅』とします。
タテの長さが長い顔を『長い顔』、ヨコ幅が広い顔を『短い顔』となります。

 
 

POINT2. サイズ合わせ

fashion_20150918_02

顔のヨコ幅と、メガネのヨコ幅を合わせます。
眉からアゴ先の1/3以内にメガネのタテの長さを合わせます。

 
 

POINT3. トップリムと眉のバランス

fashion_20150918_03
眉とトップリムを同じラインにすると、印象を変えずにスッキリとみせることができます。

  • 基本的な合わせ方:眉のラインと平行
  • 上がった眉には:眉頭を合わせましょう(眉頭があまり離れないように)
  • 山形の眉には:眉頭と眉山で合わせましょう

 
 

POINT4. 3D対策

fashion_20150918_04

“3D”とは、Down(たるみ)・Deep(しわ)・Dark(くま・シミ)の3つをいいます。
フレームのラインで上手に隠したり、目線を誘導することで、グッと若く見えますよ!

 

・Downたるみ

  • 目じりにポイントのあるデザイン
  • トップリムとテンプルの位置をそろえる

Deepしわ

  • フレームラインでカバー
  • 太目のテンプル
  • 装飾性の高いデザイン

Darkくま・シミ

  • フレームカラーでカバー
  • 濃い色のフレーム
  • 装飾性の高いデザイン
  • 明るく見えるレンズカラー
  • フレームラインのないものはレンズカットラインをくまにのせる
  • 飾りがあるもの

 

今回は、お顔の形やパーツ、お肌の悩み対策を中心にご紹介しましたが、
洋服やメイクに合わせる選び方、T・P・Oに合わせた演出など、メガネのおしゃれは知れば知るほど本当に奥が深いんです!
またの機会にご紹介していきたいと思います♪