HOME > 豆知識 > 人間の視野とスピードについて【安全運転!】

人間の視野とスピードについて【安全運転!】

こんにちは三笠店です(^_^)

初冠雪が記録されましたとニュースで見ました、去年と同じ日みたいですよ。
あっという間に紅葉の季節、ドライブ日和が待ち遠しい季節となってきましたね。

今回は、人間の視野とスピードについてお話いたします

人間の視野は、耳側で約90~100°、鼻側で約60°、上側で60°、下側で約70°といわれています。

人間の両目は、ほぼ平面の顔面上にあり、左右の視野の重なり合いが大きいので、両目で同時に見える範囲が、約120度と言われております。(草食動物では、360°見える動物もいるんだとか!)
人間の目の視野は、他の動物に比べ狭いですが、利点は両目の視野が重なることで、立体的に見えることです。(視野が広い動物は、立体感が乏しくなります)

そこで、車の運転速度と視野の関係ですが

人間の両目で見る視野は、約200°といわれていますが、これは止まった状態でのこと。
車を時速40kmで運転してる場合は、100°にまで低下します。
さらにスピードを上げて、
時速70kmで65°、
時速100kmでは40° まで下がるのだそうです。

F1レーサーが時速300kmで走ると「景色が点に見える」という話を聞いたことがありましたが、こういうことなのですね……

しかも、自動車は速度を出せば出すほど、ブレーキを踏んでから車が停まるまでに時間がかかります。

時速40kmでの停止距離は、約20m、
時速60kmで約40m、
時速80kmでは約80m

スピードが上がれば上がるほど、ヒトは視野が狭くなり、クルマは停止距離も長くなってしまうのです。
これは、視力が1.0程度の方の一般的な見え方ですから、視力が合っていない方はさらに危険……!

スピードの出し過ぎ、気を付けましょう!
秋の交通安全運動も始まっています。楽しいドライブ、安全&快適に行きたいですね!

秋のドライブに備えて、一度当店で視力チェックをしてみてはいかがですか?メガネを買う予定がなくても、もちろん無料で検査いたしますからご安心ください!
また、お急ぎの方には、お店の前に自動視力測定マシーンもあります。お買い物のついでにご利用ください、お困りごとがあればいつでもスタッフにお声掛けくださいね!

mikasa20160929

今回はメガネ店らしく、速度と視野の点から安全運転のお話をさせていただきましたが、
最後に、さらに気をつけたくなる情報を載せておきますね……スピード違反の罰金です。
もしかしたら、コレが一番効果大かもしれませんね(^^;)

【一般道路のスピード違反】
・15km未満……9,000円
・15km以上~20km未満……12,000円
・20km以上~25km未満……15,000円
・25km以上~30km未満……18,000円
・30km以上~50km未満……およそ6~8万円。ケースにより異なる。
・50km以上~……60km超過で10万円にもなる場合も。

【高速道路のスピード違反】
15km未満19,000円
15km以上~20km未満……12,000円
20km以上~25km未満……15,000円
25km以上~30km未満……18,000円
30km以上~35km未満……25,000円
35km以上~40km未満……35,000円
40km以上~……簡易裁判で罰金決定(赤キップ)

※上記の反則金の額は、いずれも普通車の場合です。