HOME > 豆知識 > 色覚異常と検査の話【メガネに関する豆知識】

色覚異常と検査の話【メガネに関する豆知識】

こんにちは、ステイ店の北山です。
今日はメガネ…の豆知識ではないのですが「色覚異常」とその検査についてちょっとお話します。

色覚異常とは色を認識する視神経細胞の異常で、赤、緑、青、のいずれか1色・もしくは2色などが認識しにくい状態です。
色覚異常には先天性(生まれつき)の割合が高く、日本人の20人に1人の割合といわれています。
また、生まれつき以外の場合では、緑内障などの病気から色素異常になり、結果的に併発することもあるようです。

色覚を調べる検査では「石原式色覚検査」が最も普及しています。
下の図の丸の中にある数字の見え方によって、どの色に異常があるかがわかります。

昔は毎年学校の健康診断で行っていたのですが、最近はあまりそんな話を聞きませんね。
当店でも通常の検査では行っていませんが、検査することもできますので、気になる方はお気軽にご来店ください。