HOME > お知らせ > 眼鏡をかけたら目が悪くなる?

眼鏡をかけたら目が悪くなる?

皆さんこんにちは
オバラメガネ日新店です
10月10日は「目の愛護デー」!
厚生労働省が主催となり、全国で目の健康を促す活動や、
目の関連企業や団体がイベントを開催しています。
私たちが起きている間休むことなく働いている「目」を大事にしましょうという日です。

目を大事に、というと
ブルーベリーを食べたりホットタオルを目の上に置いて休ませたり目の周りの筋肉をマッサージしたりと色々な方法がありますが
メガネ店ならではの提案ですと
ほとんどの眼病の原因と言われている紫外線をカットするコーティングや、
まぶしさをカットするカラーレンズ、
ブルーライトカットを入れて眼精疲労を軽減させるという方法もあります。
メガネをかけるだけで一石二鳥にも三鳥にも目に優しくすることができますね。

ところが
「裸眼が1番目に優しい!メガネをかけると余計に目が悪くなる!」
と聞いたことはありませんか?

 

これは全くのウソ、おまけでほんのちょっとホントです。

大人とこどもでは目が悪くなるメカニズムが少し違うので今回は大人編です。

 

まず、大前提として

今の自分の生活と目に合った正しい度数のメガネをかけると
目や眉間に余計な力を入れずに済むので目の不調を防ぐことができます。

しかし、視力矯正が必要な人がメガネをかけず余計な力が入った状態で生活していると
眼精疲労から肩こりや頭痛がしてきます。

上の写真の様にこんな感じで眉間にしわ、寄っていませんか?

これが余計な力です。
目に力が加わると眼球の形が変わって乱視や近視がちょっと補正されるのでただの裸眼よりは良く見えます
知らず知らずに力が入り、筋肉がコリ固まって眼精疲労とシワができちゃいます。

目に力を入れている自覚が無い方がほとんどなのでなかなか気づきにくく

周りの人の方がわかりやすい仕草です。

この余計な力が入ったまま生活していると眼精疲労が溜まり、一時的に視力が低下してしまうこともあります。

 

そんな訳でメガネをかけると余計に目が悪くなるは、ウソ。真逆なんですね。

 

では逆に、自分の目に合っていない度数のメガネをかけ続けるとどうでしょう?

視力矯正が必要な人が裸眼で生活した時と同じように、

よく見えるようにするために余分な力が入り眼精疲労が悪化します。

また、老眼が始まると遠方の度数が減る方が多いのですが、

遠方度数が強いままのメガネで生活をすると、

手元を見るために強い力が必要になりこれまた眼精疲労に繋がります。

そんな状態でメガネをかけるくらいなら裸眼のほうがいくらかはマシ、といった意味でこれはホントになります。

そしてもう1つ、
メガネといえば遠くをすっきり見るメガネのイメージがあると思いますが、
遠く用のメガネをかけてPCやスマートフォンなどの目に近い距離の作業を長時間続けると
「見えすぎ」によって眼精疲労に繋がります。

そしてその状態が続くと近くにピントがあった状態で固定されてしまうので

一時的に遠くが見えにくくなり、近視が進んだ様にも感じられます。

そういった方にとってもメガネを外すほうが近くを見る時に疲れないのでこれはホントになります。(近視のみの場合。乱視があるとこの限りではありません)

使いたい距離に合った度数のメガネをかけると裸眼よりもぐっと楽になる方がほとんどですので

裸眼が1番目に優しい!というわけではないのでウソと言ってもいいのかもしれませんね。

じゃあどうして

「メガネをかけると目が悪くなる」

という話があるの?という疑問が残りますが
これはそのうち配信しますのでお待ちください!

 

オバラメガネでは視力検査やメガネの度数のチェック、メガネの調整がいつでも無料です
お買い上げいただいたメガネや目のデータは、全てお店に残させていただいておりますので前回からどう変わったかのお話も出来ます。

ぜひお気軽に検査にいらしてください。

閉じる