HOME > ブログ > お知らせ > メガネをかけると目が悪くなるって本当?

メガネをかけると目が悪くなるって本当?

当店では、認定眼鏡士の資格を持つ店長をはじめ、専門知識豊富な

スタッフがお客様のメガネライフを支えます。

子供のメガネから遠近両用まで、わからない事はなんでもお尋ねください。

眼科処方箋も承っております。

函館市内のお客様はもちろん、北斗市や七飯町、森町などからも多くの

お客様にご来店いただいているメガネ店です。

さて、メガネ屋さんで働いていると「メガネをかけてると目が悪くなるの?」という質問をよくいただきます。申し訳ございませんがこれにははっきりとした答えがなく、半分正解半分不正解という曖昧な答えになってしまいます。

なぜかというと使う人それぞれに合った適切な矯正度合いのメガネをかけていると目が悪くなることはないし、矯正度合いの合わないメガネをかけていると目に余計な負荷がかかり視力の低下を招いてしまう為です。

目が悪くなるメカニズムとは?

目が悪くなるメカニズムは自身の生活習慣や環境が大きく関わっているといわれています。

今の時代スマホ、タブレット、PCと近くで何かを長時間見る習慣になりやすいです。近くのものを見る時に使う目の筋肉が毛様体筋というのですがスマホ等で近くばかり見ている人はこの毛様体筋は凝り固まってしまいます。毛様体筋が凝り固まると目のピント調節機能に影響を及ぼし視力低下を招きます。きちんと睡眠時間を確保して目を休めることが大切です。またメガネをかけることでピントの調節を補って毛様体筋の負担を減らすことができます。

↑目の構造のイラストです。毛様体(毛様体筋)という筋肉が水晶体の厚みを変えることで遠くを見る時、近くを見る時のピントを調節する仕組みになってます。

ブルーライトによって視力は下がるの?

最近よく耳にする「ブルーライト」も直接的に視力に影響を及ぼすわけではありませんが、主に体内時計を狂わせたり、目を疲れさせるといった症状を引き起こすといわれています。体内時計が狂うことによって寝不足になり目が十分に休まらなければ前述のとおり視力低下につながります。

結論は、、、、

最後に結論としましては、「きちんとした処方度数で作ったメガネにブルーライトカットを入れると目の負担を軽くすることができるので少なくとも著しく目は悪くならない」です。

メガネを作りたいと思っているが目が悪くなるかもしれないと二の足を踏んでいる方は思いっ切って作ってみると目の負担が軽くなり快適になるかもしれません。また当店でも検査を承っておりますので、メガネの新調をお考えの方はお気軽にお越し下さい。(小学生以下や行きつけの眼科さんがあるお客様は眼科さんによる処方をおすすめします。)スタッフ一同お待ちしております!

閉じる