HOME > ブログ > お知らせ > ブルーライトの影響って、若者だけのものだと思ってませんか?

ブルーライトの影響って、若者だけのものだと思ってませんか?

 

こんにちは、オバラメガネ日新店です!

 

当店は、認定眼鏡士の資格を持つ店長をはじめ、専門知識豊富なスタッフがお客様のメガネライフを支えます。

子供のメガネから遠近両用まで、わからないことはなんでもお尋ねください。

眼科処方箋も承っております。

苫小牧市内のお客様はもちろん、白老などからも多くのお客様にご来店いただいているメガネ店です。

 

時節柄、例年よりブルーライトカットのメガネをお求めになるお客様が増えております。

その一方で60代以降のお客様への認知度はまだまだの様子。

さて、ブルーライトカットとは本当に若者世代だけのものなのでしょうか。

今回は目の健康、ひいてはこれからも健康で生きていくために必要なブルーライトについてのお話をしていこうと思います。

 

『私はパソコンもスマホもやらないから…』は間違い

ブルーライトと聞くとイメージするものは何でしょう。

一般的にはパソコンやスマートフォンが真っ先に出てくると思います。

しかし、ブルーライトは液晶機器からのみ出ているわけではありません。

身近なところだと太陽光、LED電球など日常生活を送る上で欠かせないものからでもブルーライトは放出されております。

たとえパソコンなどを常用しない方でも、ブルーライトの影響は常に受けているのです。

 

目への影響は本当にあるの?

加齢黄斑変性症のような目の奥(網膜)への影響については、ヒトを使用した実験ができないためまだまだ研究段階です。

しかし眼精疲労・ドライアイとの関連性は世界中で数多くのエビデンスが確認されております。

 

ブルーライトで不眠になるって本当?

もともとブルーライトは太陽光に含まれ、体内時計を調整するためのものです。

身体を活性化させるはたらきがあるため、日中は元気に過ごし、日が落ちたら身体を休めることが出来ます。

現代社会ではブルーライトを一日中浴びる生活になってしまっているため、この切りかえがうまくいきません。

家の電気に蛍光灯やLEDを使用している方は他人事ではないのです。

 

ブルーライトカットレンズには種類がある!

じつはブルーライトカットにはいくつかの種類があるのです。

ここでお悩み別ブルーライトカットレンズをご紹介しましょう。

 

とにかく眩しいのがつらい。

レイガード435/HOYA

白内障手術後などでとても眩しいけれどサングラスはちょっと…という方へ。

淡いカラーで眩しさを抑えつつ、ブルーライトもしっかりカットしてくれます。

ピンク・イエロー・グレー・ブラウンの4種類からお選びいただけます。

 

紫外線も気になる。

フロンティア/セイコー

目の健康で真っ先に気になるのが紫外線。

こちらのレンズはブルーライトを吸収しつつ、なんと紫外線を100%カットしてくれます。

 

裸眼と変わらない見え方がいい。

ピュアブルー/ニコン

従来のブルーライトカットレンズは視界が黄色くなったり、レンズが青光りしたりしていました。

ピュアブルーはクリアな視界のままブルーライトカットすることが可能です。

 

 

店頭にはサンプルレンズをご用意しておりますので、

お買い上げ前に実際の見え方を確認することが出来ます。

どうぞ。店頭販売員にお気軽にご相談ください。

 

2020年10月1日より、オバラメガネ・AnotherAngle全店で来店予約が可能になりました!

待ち時間短縮にぜひご活用ください。

来店予約フォーム

 

Instagramもよろしくお願いいたします♪▶【obaramegane_kodomo】

閉じる