HOME > ブログ > 商品情報 > 忖度なしレビュー◆眼鏡店員が選ぶおすすめくもり止めアイテム

忖度なしレビュー◆眼鏡店員が選ぶおすすめくもり止めアイテム

当店は、認定眼鏡士の資格を持つ店長をはじめ、専門知識豊富なスタッフがお客様のメガネライフを支えます。

子供のメガネから遠近両用まで、わからないことはなんでもお尋ねください。

眼科処方箋も承っております。

苫小牧市内のお客様はもちろん、白老や登別、室蘭、伊達などからも多くのお客様にご来店いただいているメガネ店です。

 

 

みなさんこんにちは

オバラメガネ日新店です!

 

7月といえば暦の上ではもう完全に夏ですが

苫小牧は半袖+羽織で過ごしやすい日が増えてきましたね。

七夕も7月7日ではなく8月7日ですし

苫小牧の夏は世間とは1か月のズレがある気がします。

早く半袖で過ごせる夏が来ますように!!

 

と、服は半袖に衣替えしてもマスクは欠かせない今知っておきたい

「メガネ店員が選ぶおすすめくもり止めアイテム3選」

そうめんや冷麦の湯切りでメガネが曇る

冷房が効いてる店内から出るとメガネが曇るなど

夏だってメガネのくもりは起こります!

 

そこで!

クリーニングや調整に来ていただいたお客様に

1日限定効果のくもり止めケアサービスを行っている私たちが

忖度無しのガチレビューをさせていただきます。

一か月に300~500回はくもり止め製品を使っているのでくもり止め商品にはうるさいです。笑

それではいってみましょう!

 

 

夏こそこの手軽さ!拭くだけクロスタイプ◆フォグストップ缶

 

なんといっても、このクロスのサイズ感が素晴らしいです。

他メーカーにも拭くだけ製品があるものの

布が小さかったり

布が薄かったり

布が固かったりと

日常使いする上での満足度は布1枚のクオリティで左右されるのがよく表れています。

手が汚れず、出先でも手軽に使えるこの商品。

あえてデメリットを上げるとすれば

効果がある所とない所の違いが分かりにくいところです。

何も考えずに使い続けると同じところばかりで拭くことになり、

よく使うゾーンのくもり止め成分がその箇所だけ抜けていき

「くもり止め使っているのに曇りやすい」というエラーが起きます。

いつも使ってない角の部分を使うとあら素敵。

元のくもり止め効果を発揮!

 

となるのですが

後半はもうどの角使ったのか使ってないのかが本当にわからず、私たちスタッフも困っています。

ただ、全然使えないなぁ、もうだめかぁ。となった時にはレンズに水分を与えてから拭くと

布の乾いていたくもり止め成分が染み出してほんの数回分は復活します。

 

しばらく使っていなかったり缶から出して保存していた方

あと数回はこの方法でお使いいただけますので天寿を全うさせてあげてくださいね!

 

 

夏でも冬でも万能選手!手が汚れず効果が強めのメガネクリンビュー◆リキッドタイプ

 

先ほど紹介の拭くタイプは手が汚れないのがメリットでしたが、

その分液体タイプより少し効果が弱いものが多いです。

逆に液体タイプのメリットはレンズにくもり止めが直に付くので、効果が強いものが多いのですが

指でレンズ全体に塗り広げる必要があり、少し手間がかかるところがデメリットです。

このメガネクリンビューは先端部分がスポンジになっているためレンズに直塗りができ

手が汚れずくもり止め効果が強力と良い所ずくめの商品なんです!

 

では苦し紛れのデメリットを。

構造上先端のスポンジからくもり止め液が出やすいので

キャップをしっかり閉めないと液漏れ注意が必要です。

 

 

 

オバラメガネ日新店スタッフが動画編集してくれたこの動画がプチバズりしたのはもう半年前ですが

他の眼鏡店やyoutuberの公開しているメガネクリンビュー動画には1度も紹介されていない

オリジナルのコツや注意事項が紹介されているので

お買い上げいただいた方はぜひ動画をご覧くださいね。

 

 

 

一番強力!ノーフォグウルトラ◆ジェルタイプ

 

リキッドタイプやクロスタイプ、ムースタイプと数あるくもり止め商品の中でも

ジェルタイプはくもりどめ効果が1番強力です。

通常のレンズには撥水加工がしてあるので液体(リキッドタイプ)だと

レンズの撥水効果で少なからず弾いてしまうのが、

ジェルタイプだとレンズにしっかり密着するので効果が発揮しやすいのですね!

デメリットとしてはレンズにくもり止めを擦りこむのが結構手間で大変なのと

レンズを拭くコツをつかむまで拭きムラでレンズが汚く見えがちなところです。

 

これくらいギラギラするまで擦りこんでから拭き上げるのですが

綺麗に拭きすぎると効果が半減しますし、

かといって拭き上げが甘いと膜が張ったように逆に曇って見づらいので

ジェルタイプは上級者向けのくもり止めだと感じます。

 

 

どれくらいジェルタイプがすごいのか湯気で実験してみました。

こんな感じで湯気をあててくもり具合を確認します。

 

 

湯気で実験くもり止め効果

 

まずはくもり止め無しとノーフォグウルトラの比較です。

 

カップのフチがくっきりですね。

ノーフォグウルトラはくもり全く無し……素晴らしい!

ではほかのくもり止めは?

 

真ん中のフォグストップ缶はやはり曇っていますが、

くもり止め無しの状態と比べてくもりが若干少ないのと

くもりが引くスピードが早いです。

 

 

3種類ご紹介させていただきましたが

では「一番いいのを頼む」と言われたらすぐにノーフォグウルトラを……

となると思いませんか?

でもここはオバラメガネなので、

お客様のお仕事環境や生活習慣をお聞きして

1番お客様に合ったレンズをオススメさせていただくように

1番合ったくもり止めをご案内させていただきます。

 

単純に「1番強力なやつ」と言われたらノーフォグウルトラが出てきます。

このキーワードが出てくる方は体を動かしつつ話す必要性がある方だったり

仕事柄寒暖差の激しい環境にいらっしゃる方が多く、

メガネのくもりが仕事や生活のパフォーマンスを著しく低下させる状態だと推測されるので

手間はかかるけど強力なジェルタイプをオススメします。効果が強いのがイチバンです!

 

そこまで環境が過酷ではなく、くもり止めが初めての方には

お手軽で効果のあるクロスタイプをオススメしてまず様子を見ていただいたりします。

せっかくくもり止めを買っても、従来の液体タイプの

「塗って→乾くのを待って→拭いて」がめんどくさくて

買ったはいいけど使っていないという方はけっこういらっしゃるので

「お手軽」はくもり止めアイテムの良さを知っていただくために大切なことだったりします。

 

と、いうわけで

お客様の暮らしは十人十色。おすすめしたいくもり止めも十人十色なので

今回は「メガネ店員が選ぶおすすめくもり止めアイテム3選」という形でご紹介させていただきました。

 

いろいろくもり止めがあるのはわかったけど

結局自分にはどのくもり止めが合うかわからない!!

くもり止め塗るのめんどくさいから他の方法は??などと

いろんなことが知りたいあなたはぜひこちらのフォームからご相談ください。

>>来店予約フォーム

 

閉じる