HOME > 目の健康 > お子さまの目のトラブルを見逃さないために。三歳児健診の重要性

お子さまの目のトラブルを見逃さないために。三歳児健診の重要性

アナザーアングル苫小牧店は、

認定眼鏡士の資格を持つスタッフ、専門知識豊富なスタッフがお客様のメガネライフを支えます。

子供のメガネから遠近両用まで、分からないことは何でもお尋ねください。眼科処方箋も承っております

苫小牧市内のお客様はもちろん、日高町、厚真町、むかわ町、室蘭市、登別市などからも

多くのお客様にご来店いただいているメガネ店です。

 

さて、今回は三歳児健診についてのお話しです。

 

三歳児健診は、3歳1ヵ月から4歳未満のお子さまを対象に、各自治体にて行われます。

ことばの理解や会話の発達状態のほかに、聴覚・視力についても検査対象となっています。

三歳児健診は、お子様の目の健やかな成長を確認するための大切な機会です。

三歳までに0.8~1.0程度の視力となりますが、視力の足りないお子さまもいます。

そのままにしておくと、目の機能が育つことが出来ず、弱視の状態となるため早めの検査が重要となります。

 

また、この頃のお子さまは自分ではなかなか目の見えづらさを訴えることができないため、ご両親も気づけなかったというケースも多いのが実情です。

目を細める、目つきがおかしい(斜視)など、見てわかる症状もありますが、症状が何もない場合も多く見られます。

目の成長期間で最も大切な時期にお子さまの目の異常を見逃さないためにも、三歳児健診は重要な役割を果たしています。

 

三歳児健診は、生後初めて視力検査がうけられる機会です。

この三歳児検診を逃すと次は就学時健診まで視力検査の機会がありません。

視覚の発達はおよそ六歳までとされているので、就学時検診で異常が発見されても十分な治療結果が得られない可能性があります。

視力の発達期間を過ぎてから治療を始めても、視力は発達しません。斜視や弱視の早期発見・早期治療の為にも三歳児健診には必ず行くようにしましょう。

閉じる