HOME > ブログ > 用途・シーンで選ぶレンズ > プロが教えるメガネのあれこれ~カラーレンズの使い分け

プロが教えるメガネのあれこれ~カラーレンズの使い分け

 

こんにちは、オバラメガネです。

オバラメガネは、函館市、北斗市、札幌市、苫小牧市、三笠市、花巻市に9店舗を展開しているメガネ店です。
認定眼鏡士の資格を持つスタッフをはじめ、豊富な専門知識でお客様のメガネライフを支えます。
こどものメガネから遠近両用メガネまで、わからないことは何でもお問い合わせください。眼科処方せんも承っております。

皆さんは普段持っているメガネの数は何本ですか?
基本的に1本持っていれば足りていると言う方もいれば、普段遣いのメガネに加えて度の入ったサングラスで2本持っている、という方もいらっしゃると思います。
他にもおしゃれの用途で複数本を持っている方は、フレームだけでなくレンズのカラーにもこだわりを持っている場合も。

カラーレンズはメガネで他とは違う自分を演出するのに非常に役立ちます。
カラーレンズの色一つで与える印象から自分の気分まで、色によって様々な場面での使い分けがしやすいのも魅力です。

カラーレンズのメガネを作ることに敷居が高いと感じる方も少なくないと思いますので、今回は、カラーレンズによる使い分けについて解説します。

カラーレンズのメリット


そもそもメガネのカラーレンズとサングラスの違いから見分けるのは難しいものですよね。
その違いがファッション面なのか機能面なのか、細かい部分で異なる点はありますが、そう大きく違いはありません。
単に色の付いたレンズが使われているメガネがサングラスと呼ばれていたりもしますので、サングラスはカラーレンズを用いたメガネの一種と覚えておくと迷うことはないでしょう。

以下にカラーレンズのメガネを使うメリットをご紹介します。
・パソコンやスマホの画面を見るとき目が楽に感じる
・疲れ目が目立たない
・眩しさが軽減される
・普通のメガネより雰囲気がおしゃれに感じる

ファッション面でも機能面でも幅広い活躍が期待できますね。

カラーレンズの色

レンズのカラーは非常に豊富で、選ぶとき悩みがちです。
各カラーレンズの持つ特徴やメリットについても解説します。
カラーレンズ選びの参考にしてみてください。

①ブルー系
1番人気のカラーレンズで、気分を上げたいときにピッタリです。色合いもクールで、涼しげな印象にまとまります。
ブルー系のカラーレンズは、黄色いの光に対して効果が高く見込めるため、実用的な面では、強い日差しから夜間の対向車のライトまで効果を発揮します。
眩しさの軽減がブルー系では物足りないときは、ブルー系に近いグレー系もおすすめとなります。

②イエロー系
目元が明るく見えて個性的な眼鏡になります。ファッション性が高いため、賑やかな印象でまとまります。
ブルー系のカラーレンズが晴天時に効果を発揮するレンズでしたが、イエロー系は悪天候のときに強い効果を発揮します。
背景とのコントラストにメリハリが付いて見えるので、多少薄暗いところでもものを見やすく、扱いやすいです。
一見目立ちすぎないか不安になるカラーに思われますが、気になるときは淡いカラーリングから自分に合うものを探してみましょう。

③グリーン系
落ち着いた雰囲気でコーディネートに合わせやすいです。爽やかで若々しい雰囲気でまとまります。
コントラストの付き方が強くないこともあり、目が疲れにくいです。
アウトドアで景色を楽しみながらもカラーレンズを使いたい、といったときはおすすめです。視界への色の影響があまりないことから、見え方も自然で違和感がありません。

まとめ


今回はメガネのカラーレンズについての解説でした。
カラーレンズの色にはただおしゃれに見せるだけではなく、自分の用途によって役立つ側面も持っています。
カラーレンズに興味があるけど選び方がわからない、といった方はどのようなシーンで使うことが多いかを考えて選ぶと良いです。

メガネ全般、眼や見え方のこと、技術的なことはもちろん、似合うフレームのご提案なども専門スタッフに気軽にご相談ください。
しっかり時間を取ってお話を伺いたく、事前に来店のご予約をいただくと、よりスムーズなご案内ができますので、ぜひWEB来店予約をご利用ください。

>>>来店予約はこちら

閉じる