HOME > 豆知識 > *検査について②R/Gテスト*

*検査について②R/Gテスト*

こんにちは!! 近頃は暖かい天気が続いておりますね。

通勤途中に桜並木があるので、毎年開花が待ち遠しいです(*´˘`*)♡

今週も引き続き、検査内容についての記事を書いて行こうと思います。

どうぞお付き合いくださいませ。。*

 

*R/Gテスト*

赤緑試験などとも呼ばれ、検査結果の確認などに行う検査です。

先週の他覚的検査と並び、お客様に「これで何がわかるの?」とよく聞かれる検査でもあります。

まず光というものは色によって波長が様々であり、

青い光は波長が短く(短波長)

赤い光は波長が長い(長波長)です。

そして人間の眼というものは、その真ん中である黄色にピントが合うようにできておりますv(゜▽゜v)*

 

R/Gテストはこの光の波長を利用し、レンズが目に合っているかどうかを検査します。

では見え方と検査結果についてみていきましょう**

 

①両方同じくらいに見える。

この場合黄色い光が網膜上に来ておりますので、屈折度が目にあっていると言えます。

 

②赤がはっきり見える。

近視の方は低矯正、遠視の方だと過矯正になってます。

視力検査では視力が出ていれば近視は弱め・遠視は強めにすることがあるので、

赤が見やすいという方は結構沢山いらっしゃいます。

 

③緑がはっきり見える。

近視の方は過矯正、遠視の方は低矯正になってます。

緑に見える場合は目の疲れ等を考え、度数を調整していくことがあります。

 

この様に、R/Gテストは屈折状態を調べる検査ですが

お客様の生活様式によって見やすい度数は様々です。

『同等に見えないから見えにくい眼鏡』というわけではないので

どうぞご安心ください(*´﹀`*)

 

 

閉じる