HOME > こどもメガネ > 三歳児健康検査

三歳児健康検査

三歳児健康検査で子どもの弱視を早期発見!

三歳児健康診査(三歳児検診)は、3歳1ヵ月から4歳未満のお子さまを対象に、各自治体にて行われます。
ことばの理解や会話の発達状態のほかに、聴覚・視力についても検査対象となっています。

三歳児検診は、お子様の目の健やかな成長を確認する大切な機会です。
三歳までに0.8~1.0程度の視力となりますが、視力の足りないお子さまもいます。
そのままにしておくと、弱視の状態となるため早めの検査が重要となります。

また、この頃のお子さまは自分の目の見えづらさを理解していなかったり、訴えることができないため、ご両親も我が子が弱視であることを気づけないケースが多いのが実情です。
お子さまの目の異常を見逃さないためにも、三歳児検診は重要な役割を果たしています。