HOME > こどもメガネ > 療養費の支給

療養費の支給

小児弱視等の治療用眼鏡等にかかわる
療養費の支給について

平成18年4月1日より、お子さまの弱視・治療用のメガネについても健康保険の対象となり、自己負担額が軽減されるようになりました。
ご加入の健康保険組合から負担割合以外の金額が療養費として給付されます。

支給対象

・小児の弱視、斜視
・小児の先天白内障術後の屈折矯正の治療用メガネ・コンタクトレンズ

※近視・乱視などの視力補正として用いるメガネは保険適用外となります。
※斜視矯正に用いるアイパッチおよびフレネル膜プリズムは保険適用外となります。

対象年齢

9歳未満の被扶養者
※9歳の誕生日を迎えると、支給対象外となりますのでご注意ください!

給付額上限

弱視眼鏡
36,700円 × 1.03 = 37,801円

コンタクトレンズ(1枚につき)
15,400円 × 1.03 = 15,862円

上記の金額の7割(義務教育就学前のお子様の場合は8割)の額が支給となります。

例)
37,801円未満の眼鏡を購入した場合:
購入金額×0.7(0.8)円

37,801円以上の眼鏡を購入した場合:
一律 26,460円

再給付の条件について

・5歳未満:前回の給付から1年以上後であること
・5歳以上:前回の給付から2年以上後であること

申請手続きについて

眼科の先生にメガネをつけるよう指示が出たら「健康保険の対象となるか」を確認し、対象となる場合はご加入の保険組合へ以下の書類を提出しましょう。

申請場所

ご加入されている保険組合(健保組合・社保・国保など)

提出書類について

  • 健康保険証
  • 医師の意見書または診断書・検査結果
    ※眼科で発行されます
    ※弱視等のための治療用眼鏡を作成指示されたことが確認できる内容のもの
  • 領収書・領収内訳書
    ※フレーム、レンズ等それぞれの価格の内訳、対象児の名前が記入されているもの
    ※メガネ購入時にオバラメガネ店舗にてお渡しいたします
その他、印鑑や通帳などが必要になる場合があります。
詳しくはご加入されている保険組合(健保組合・社保・国保など)へお問い合わせください。

※提出期限は治療用装具の費用を支払った日の翌日から起算して2年です。
 保険給付を受ける権利は2年を経過すると時効により消滅します。