HOME > ブログ > 目の健康 > 私の眼鏡って、目が疲れるかも?という方の原因や要因は?

私の眼鏡って、目が疲れるかも?という方の原因や要因は?

アナザーアングル苫小牧店は、

認定眼鏡士の資格を持つスタッフ、専門知識豊富なスタッフがお客様のメガネライフを支えます。

子供のメガネから遠近両用まで、分からないことは何でもお尋ねください。眼科処方箋も承っております

苫小牧市内のお客様はもちろん、日高町、厚真町、むかわ町、室蘭市、登別市などからも

多くのお客様にご来店いただいているメガネ店です。

 

皆さんは、メガネを掛けていて

よく見えるんだけど、何か目が疲れると感じた事はありませんか?

その理由にはいくつかありますが、大きく2つのことが挙げられます。

 

その1 メガネの使用用途に対して、度数が合っていない

 

まず、目のピントを合わせる仕組みをご説明します!

 

正視(目が良い人)は、近くのものを見る時に

目の中の筋肉に力を入れて(緊張状態)、

目の中にあるレンズの厚みを変えてピントを合わせています。

 

これを調節と言います。

 

 この調節する力は6歳くらいをピークに年々弱くなっていくと言われています。

調節する力を必要とすればするほど、緊張状態が強くなり眼精疲労の原因となります。

 

では、これを踏まえた上で、仮に近視の人で説明します。

 

近視の人は、遠くが見えない状態なので、

メガネを掛けて遠くを見えるようにします。

 

ここで注意なのは、どこまで見えるようにするのか?です。

見えないより見えた方が良いのは確かですが、ただ遠くが良く見えるのがいいとは限りません。

 

例えば、家で使用するメガネを作る際に、

視力1.5まで見えるメガネを作った場合。

この場合、必要とされる調節力は大きくなります。

 

室内で使用するならば、家の中は数m先が壁になりますので、基本的には1.5まで見える必要はないでしょう。

 

そして、近くの本や新聞、パソコンを見る場合には視力が1.5だと、目はかなりの緊張状態になりますので、目が疲れやすい状態になってしまいます。

 

つまり、家の中で使用するなら

 視力0.8くらいで、調節力をフルに使わなくてもいい度数で作ることが、疲れずに快適に過ごすことのできるメガネということになります。

 

  • 遠距離
  • 中距離
  • 近距離

 と大きくいうと3つの距離感がありますが、それぞれを見るときのシーン、使用する目的に合わせたメガネを作ることで、目の疲れを防ぐことが可能です。

 

その2   過矯正になっている

適正な度数よりも強い度数のメガネ度数を過矯正と言います。

 

分かりやすいように近視の場合で説明しますが、

自分の近視以上の強いメガネを使うとどうして疲れるかと言うと、このような状態です。

2つのメガネがあって、視力は両方共1.0見えるとしたら、強い度数と弱い度数のどちらがベストかと言うと、後者の弱い度数で1.0見えるメガネです。

最高視力には、ひとりひとり個人差があります。度数を強くすればよく見える!とは一概に言えないのです。

 実際には、今自分が掛けているメガネが過矯正であるかどうか、自分自身では分かりませんよね。

仮に疲れが出たとしても、良く見えているものだから、メガネのせいだとは思わないからです。

気になった方は、適正度数かどうか検査いたしますのでお気軽にお越し下さいね!

 

大きく2つの理由を上げてみましたが、

他にも目が疲れる原因として、

  • 不同視である(左右の度数に大きな差が有る)
  • 眼を酷使している
  • 乱視の強さと処方度数の問題

多岐にわたりますので、今お使いのメガネのことで気になることがございましたら、お気軽にスタッフまでご相談ください!

閉じる