HOME > ブログ > お知らせ > ルーペと老眼鏡の違い。100円ショップの老眼鏡は?

ルーペと老眼鏡の違い。100円ショップの老眼鏡は?

こんにちは、オバラメガネです。
オバラメガネは、函館市、北斗市、札幌市、苫小牧市、三笠市、花巻市に9店舗を展開しているメガネ店です。
認定眼鏡士の資格を持つスタッフをはじめ、豊富な専門知識でお客様のメガネライフを支えます。
こどものメガネから遠近両用メガネまで、わからないことは何でもお問い合わせください。眼科処方せんも承っております。

年齢とともに避けて通れない老眼。
ご経験の方は、ルーペと老眼鏡、どちらを買えば良いか迷ったことはありませんか?
新聞などの小さな文字を見るためにかけるという点では、一見同じものに思えますが、その役割は全く異なります。

今回は、ルーペと老眼鏡の違いやそれぞれの役割、選ぶポイントについてご紹介します。

ルーペと老眼鏡それぞれの用途

ルーペと老眼鏡、それぞれを用いる目的や自分の眼の状態に合ったもので選ばないといけません。せっかく買ったのになんだかよく見えない……となってしまうことも。

ルーペは、拡大鏡とも呼びます。“虫眼鏡”の方が馴染みがあるかもしれませんね。
名前の通り、小さい文字が見にくいときや、細かい作業をする際に見づらいといったときに対象物を拡大して見るために用いるものです。昨今はメガネ型のものも増えてきているので、どうしても片手にルーペを持たなければならないといった点が解消されてきています。

老眼鏡は、手元が見づらいが、距離を離すと見えるなどの老視の症状が現れた場合に適しています。遠近両用メガネとも用途は似ていますが、あくまで老眼鏡は近くにピントを合わせて見やすくすることに特化しています。

ルーペはあくまで対象物を拡大して見るという機能を持つ道具のため、ピント合わせが必要な老視の状態でかけても見えにくさは解消されません。老眼鏡は眼のピントを補正してくれるため、見るものを拡大するだけのルーペでは対応できない部分も見えやすくなります。

ルーペ=ものを拡大したいが、老視のような症状は見られない、老眼鏡=日常的に手元がぼやけて見づらくなったなどの老視の症状がある、といった選び方がおすすめです。

100円ショップのものとの違い(老眼鏡)

昨今の100円ショップは品物が充実しているため、老眼鏡も取り扱っているお店が多いです。
しかし100円ショップの老眼鏡は、あくまで一般的な統一された規格のフレームとレンズで、個人それぞれの抱える悩みに対応しきれない場合があります。

特に左右の度の差が考慮されていないことが多く、左右の眼で視力・老視の症状に差がある人ほど適していないものを使うことになってしまいます。
他にも個人差のある顔の形とフレーム、左右の瞳孔距離による相性も考慮されないため、着け心地が保証されていない点も難しいところです。着け心地の悪い老眼鏡はメガネ同様に、我慢し続けることで眼精疲労や肩こりの症状を引き起こしてしまうため、避けるべきところです。

専門店であれば、技術を持ったスタッフが視力・症状の検査からお求めの用途に合わせたカウンセリングも込みで対応可能ですので、自分の眼や顔の形に合った快適な老眼鏡を身につけることができるでしょう。

他にも、反射防止、乱視にも柔軟に対応可能ですので、なるべく自分に合ったものを使うように心がけてください。

まとめ

小さいものを拡大して見たいときはルーペ、手元がぼんやりして見づらいときは老眼鏡。
老眼鏡は通常のメガネ同様、自分の眼の状態をしっかり把握した上でより適したものを使うように心がけましょう。

メガネ全般、眼や見え方のこと、技術的なことはもちろん、似合うフレームのご提案なども専門スタッフに気軽にご相談ください。
しっかり時間を取ってお話を伺いたく、事前に来店のご予約をいただきますと、よりスムーズなご案内ができますので、ぜひWEB来店予約をご利用ください。

>>>来店予約はこちら

閉じる